秋の香りと変わらないもの。

2014/09/27 23:35

ミクミニ① こんばんは! ミクです。

静かな 夜です。 ついこの間、満月でスーパームーンが見えると
言われていたのに気付けば、欠けて三日月姿
三日月も好きです

少しひんやりとしてきた朝夕。
2、3日前の朝、いそいそと仕事に向かうために駐輪場に向かって歩いていると
風に乗って懐かしい香りがしてきました。 それは、キンモクセイの香り - 。

え・・・? もう 咲いてるの?

急ぎながらも辺りを見回してみると・・・こんな身近なところで咲いていた
香りがして初めて気付いたのでした。
このブログを始めてから、季節の移り変わりについても書き記すようになり
キンモクセイが咲き始めると必ず登場させていました。

        キン②

ちなみに去年は10月23日頃に咲き出しました。
平年は、10月の初めぐらいから咲いていたのに今年は早い!

たまたま前の家の庭には、キンモクセイが植えられていました。
新居に移って、持ってきたのは鉢から地植えに変えて予想以上に大きくなって
たくさんの花をつけてくれたミニバラ また鉢に移して持ってきました。
花が咲く度に元気をくれました  
私には珍しく、息の長い丈夫な花で花をつける度、私を励ましてくれたから
置いていくことができなかった。 今も次から次へと咲いてくれています

           ミニバラ

            持ってきて良かったぁー


常に時間が流れます。 自分の周辺の様子も時間の流れと共に少しずつ変わって
いきます。 意志とは関係なく環境が変われば交友関係も変わっていきます。
寂しいけれど日々、暮らしていく中で変化は当たり前のことなのかもしれません。
だからこそ変わらないものを見つけると、嬉しく思います
このミニバラもずーっと咲き続けて欲しい

そう。
変わらないものもある。
どんなに疎遠になっても距離ができても変わらない気持ちで思える人がいる。
みんなにもいるよねっ!

メイプルで出会った人にもいます。

こんな人もいます。
きっかけはブログだったかなー。 同じ鯖で名前は知ってたけど関わることもなく、
3年前のある日 - その人のブログに私のブログが載ってたと聞かされ、覗きに
行ったことがありました。
とてもお洒落なテンプレートでBGMがとても素敵で それから頻繁に覗きに行くよ
うになりました。 時には、その人のBGMを聴きながら作業することも
実は、今もその人の載せてた曲を聴きながら書いています。
やっぱり、いいなぁ~って思います
私とはセンスが違う

メイプルでその人と知り合うことになったのは、1つの拡声器がきっかけで録をした
のですが、キャラ名が違っていたので その人とは知らずにいました。
同一人物と知った時には、えーえぇぇぇー となりました

センスの良いブログ、選曲、想いが詰まっているけど簡潔な文に惹かれました。
すべて私が持っていないもの。。。(〃_ _)σll

- かと思えば、ゲーム内では同じ人?と疑いたくなるくらい無邪気で子供っぽい!
- かと思えば、料理が上手だったり、酔うと お喋りになって甘えたさんになったりと
いろんな顔を持った純粋で素直な人でした。
煙たいことを言ったこともありました。 でもちゃんと話を聞いてくれて、絶対に誤魔化
したり嘘をついたりせずに自分が悪いと思ったら、「ごめん」 と、きちんと謝る人でした。

多くの魅力を持っていて、どんなことがあっても嫌いになれない人です。
今は姿を見なくなった・・・
また話をする機会もあるのかな。
その人は、私がこんな風に思ってること知らないだろうな
ブログのリンクに私のブログを消さないで置いてくれていることが唯一の繋がりです。
もし、その人も同じ思いだったら嬉しいな

よく疎遠になってしまったことが悲しいという人もいるけれど、変わらない思いで
その人を思えたなら、悲しむ必要はないと思います。

他にもまた会える日を待っている人がいます
戻ってくるかは分からないけれど、それでもいいと思っています。
元気にしてくれてたら


昨日、前の職場に久しぶりに顔を出しに行きました!
変わらない笑顔 - みんな、イキイキとしてました。
楽しそうに働いているのが1番ですよね
あまり時間がなくて、ゆっくり話す間もなかったのですが近況報告をし合いました。

「今度みんなで新居に押しかけるから!」 「うんうん。来て!来て!」

変わらない繋がり。 心がほっこりして、元気をもらい気分も晴れ晴れとしていました。
かつて共に働き、頑張ってきた仲間。
私の背中を押して送り出してくれました。 過ごしてきた時間は、決して簡単に切れない
のだと思いました。 


 ブログランキングに参加中!
   応援よろしくです♪

  web拍手 by FC2 お礼画像が見れます

スポンサーサイト

ミクの部屋  | コメント : 0  | トラックバック : 0 |

top